学生最後のわるあがき世界旅行

学生最後のわるあがき世界旅行

平凡な大学生活と貧乏卒業旅行

2-3. 初めての『CouchSurfing』とチンギスハーン騎馬像

 

モンゴルで事前に決めていた予定は遊牧民のお家にホームステイすることのみ。MIDAさんに教えてもらった観光地も、車がなくてはとても行けそうにない。公共交通機関も乏しいモンゴルでは、タクシーのチャーターが一般的だがそんなお金はあるはずもなく...

そんな時に思い出したのが、Couchsurfingというアプリ。

実際に利用したことはなかったが、こいつのおかげでモンゴルを120%満喫できた。

 

 

 

 

初の『Couchsurfing』

 

念願のデールも購入したが、この後どうしようと悩む。

ゲットした情報だと、ツェンケル温泉がいいと聞いた。

しかし車がないと行けない。

何をするにも足が必要だった。

(ちなみにツェンケルは冬季は休業しているらしいが...笑)

 

そこで、以前アメリカにいる時に耳にしたCouchsurfingを利用してみることに。

 

www.couchsurfing.com

 

旅行者と現地の人をつなぐアプリだという。

出会い系のようで警戒したが実際に使ってみると、なんとも便利。

 

地元の人がオススメの観光地巡りなどイベントを開催していて、おもしろそうなものに参加するだけ。

 

初日は、モンゴルで旅行代理店をしているという女性とご飯を食べに行った。

オススメのお店でご当地ビールなんかを教えてもらった。

(彼女が働いてるツアーの紹介もされたが...笑)

 

 

次の日は、気になっていたチンギスハン像へ案内してくれる人たちと連絡をとってみることに。

 

 

雪の中のチンギスハーン騎馬像

 

急に連絡を取ったのに次の日、ぜひ遊ぼうと行ってくれた。

しかも宿の目の前まで迎えにきてくれた。

ガソリン代として1日10米$

 

 

一緒に遊んだのは、ベラとマッシュルームというモンゴル人カップル。

同い年くらいに見えたのにアラサーらしい。

彼氏の名前は難しすぎたので、マッシュルームというあだ名でいいよって言ってくれた。

 

いやセンスどうなってんの。逆に呼びづらいよ。

 

最初に向かったのはウランバートルからもそんなに遠くないチンギスハーン巨大騎馬像。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114130254j:plain

 

世界で一番大きい騎馬像

前日にめずらしく雪が降ったこともあり、遠くからでも物々しい存在感をはなっていた。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114131102j:plain

 

一番右がマッシュルーム。下北沢あたりでギター弾いてそう。優しく多才な30歳。

将来の夢は、全世界にちらばったモンゴル人達を故郷に戻すことらしい。

(最初信じてなかったけど、まじめな顔して言ってたからどこまで本当なのかは知りません。)

その隣が彼女のベラ。

とにかくセルフィー大好きであちこちで写真撮ってた。

 

二人とも優しくて、モンゴル楽しんでってーみたいな感じでホストしてくれた。

 

そんな二人が入り口近くにいた鳥に驚いてた。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114131650j:plain

 

タスというタカみたいな鳥。

昔はモンゴルにたくさんいたそうで、大きいものは羽を広げると3mにもなるという。

美しい鳥だったけど、雪の中に紐で足を縛られなんとも不憫であった。

 

 

巨大な騎馬の上は展望台になっているということで、登ってみることに。

f:id:Kbap-Tokyo:20180114132411j:plain

 

馬の頭からみたチンギスハーン。

でかくて怖い。

 

曇っていたこともあり景色は良くなかった。

晴れていたら、ひたすら広がる草原が見えるのだろう。特別なものはなにもないだろうけど。

まぁ雪のモンゴルも貴重だろうからよかったのかな。

ちなみにこの日は日中なのに-3℃

厚手のコートなど持ってきてなかったので地獄だった。

 

 

早々に中に戻る。

一回はこれまたギネス記録に認定された、

世界一大きなブーツが飾られている。

その前で、民族衣装を着て写真が撮れる。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114132954j:plain

 

現地の観光客と写真を撮ることになったり、

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114132916j:plain

 

相方と茶番をしてみたりとまぁまぁ楽しめる。

3000T(150円位)なのでアリですね。

 

地下は博物館になっている。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114133622j:image

 

ちびっこの社会科見学と遭遇して騒々しかったけど。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114133719j:plain

 

モンゴル文字の書道は綺麗だった。

お土産で欲しかったけど、意外とお高い。

 

 

外に出ると天気もよくなっていた。

f:id:Kbap-Tokyo:20180114133902j:plain

 

近くにあった等身大くらいの騎馬像は迫力があった。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114133955j:plain

 

こんなのに攻められたら逃げ出すわ。

モンゴルすさまじかったんだろうな。

 

 

13世紀村でモンゴル伝統文化体験

 

チンギスハーン像でマッシュルームが、近くの観光地でイベントをやっているという噂を聞きつけてきた。

こういう時現地の人が一緒だと、モンゴル語で情報をgetしてくれるからありがたい。

 

近くの13世紀村で行われているというのでさっそく向かった。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114140213j:plain

 

途中から舗装されていない道をすすむ。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114141337j:plain

 

馬に行く手を阻まれる。

晴れてはきたが前日の雪が残っていて軽い銀世界になっていた。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114140231j:plain

 

途中何度か車からいやな音がしてとまる。

プリウスでくるような道じゃないでしょ。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114140250j:plain

 

道がわからなくなり遊牧民の女の子に尋ねた。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114140304j:plain

 

開放感満点で土に栄養を与える。

 

チンギスハン騎馬像から1時間位車で走りようやく到着。

行くまでの道のりも楽しかった。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114142332j:plain



 

荒野に突然現れるゲル。

真ん中の一番大きいものがハーン(王様)用らしい。

 

中に入ると、観光客が大勢いて馬頭琴の演奏会をしていた。

馬の足音のような軽快なテンポで低音が効いた音色に、低めの声で民謡を歌う。圧巻だった。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114141830j:plain

 

 

氷点下のモンゴル相撲

 

観光地らしかったが、どうやら今日はラッキーなことに団体の観光客に向けたイベントが開催されているらしかった。

モンゴルでは夏をすぎるとほとんどイベントがないらしいので、ついていたらしい。ありがたい。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114142235j:plain

 

他にも、外で少女が民謡を歌ってくれたり、

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114142343j:plain

 

羊の皮に向かって弓矢体験できたり。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114144145j:plain

 

遊びがワイルドすぎる。

極め付けは、

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114142641j:plain

 

氷点下の中で行われたモンゴル相撲。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114142802j:plain

 

巨漢すぎるけど絶対寒いでしょ。

 

やっぱり相撲大国。

選手達はみんな筋骨隆々。

間違っても怒らせちゃいけない。

デンモクで殴られるならまだいい方だと悟った。

 

 

お昼ご飯はマッシュルームが持ってきたガスコンロで湯を沸かしカップラーメン。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114143229j:plain

 

鍋に卵をわり、それをカップに入れて食べるという斬新な方法。

寒かったしめちゃくちゃ美味しかった。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114143644j:plain

 

すっきりとしたビールもおいしかった。

酔っ払ったおっちゃんに、

『これは軽すぎるので女性ようのビールで男が飲むのはなさけない』と絡まれた。

たしかにモンゴル人お酒強そうだったな。

 

他にもホースレースなんかもやっていて、大満足な1日だった。

(途中から寒さでiPhoneが死んでしまった。)

 

モンゴルで宅飲み

 

1日遊び倒してウランバートルへ戻る。

帰り道の渋滞は凄まじかった。みんな運転が荒く横入りなど当たり前。

 

宿に送ってもらっている途中に、マッシュルームに連絡が入り、友達の集まりに招待してくれた。

 

ウランバートル市内にあるアパートに五人ほど集まっていた。

みんな僕よりだいぶ年上だったけどいい人たちだった。

家主はビットコインでだいぶ儲けているらしくしきりにすすめてきた。

 

羊の肉を使った揚げ餃子がバンバン作られていた。

さらにみんなひたすらモンゴルウォッカを飲む。

味は普通のウォッカ。どのへんがモンゴル流なんだろうと考える暇もなく注いでくれるので完全に酔っ払った。

 

f:id:Kbap-Tokyo:20180114145302j:plain

 

あんまり記憶がないときに写真をとっていたらしい。

自撮りしているぽっちゃりさんが家主(笑)

 

まさかモンゴルで宅飲みをするとは思わなかった。

それでも充実した1日だった。

 

やはり地元の人と出会えるのが楽しい。

Couchsurfing怖そうだったけど、正しくつかえば旅の有能なお供になりそう。

 

 

明日からついに遊牧民ホームステイ

 

 

つづく